とちのみで避難訓練を行いました

5月28日に、新しくなった「とちのみ」で初めて、火災避難訓練を行ないました。
訓練前に、火災通報装置の取り扱い方法を業者さんから 聞きました。これまでの機械と少し違いはありましたが、みんな真剣に聞き入りました。
その後、避難場所を隣の旧建物に決めて、利用者様を隣の建物のホールに避難していただきました。避難の様子は、雲南消防本部の職員さんに見ていただいて、最後にご指導をいただきました。
火災発生はあってはなりませんが、いつも利用者様の安全第一を念頭に業務にあたることを再確認しました。